設置の目的

沖縄県平和創造の森公園は、第44回全国植樹祭の開催意義である「平和で緑豊かな環境を創り、次の世代へ引き継ぐこと」を目的に、平成10年4月に開園しました。
先の大戦で失われた緑をとりもどし、緑に親しみ、緑に憩い、緑に学び、平和への思いを新たにする場として、植樹祭跡地を中心に整備が行われました。

公園の概要

総面積22haの園内には、リュウキュウマツやフクギ、テリハボク、モンバノキ等、数多くの樹木が植えられています。広い園内には、いろいろな施設や広場があり、
東シナ海と太平洋を一望できるロケーションに恵まれた、家族で楽しめる公園です。

公園の主な施設

記念の森・展望台・噴水・湧水・池・多目的広場・東屋(休憩所)・遊歩道(散策)・とりで・水車小屋・遊具・造林樹種展示園

公園ご利用案内

休園日

毎週月曜日(月曜日が祝日の場合はその翌日)

開園時間

9:00〜18:30(4月1日〜8月31日)
9:00〜17:30(9月1日〜3月31日)

多目的広場・休憩所シャワー室個人使用料金

多目的広場(1面につき)
一般・学生 500円/1時間  児童・生徒 250円/1時間
シャワー室
100円/1回

共用時間(4月1日〜8月31日) 10時〜18時 (9月1日〜3月31日) 10時〜17時

※多目的広場を専用して使用する場合は許可が必要です。